プログラミングと絵と音楽

コンピューター科学を専攻し、絵と音楽を趣味とするエンジニアのブログです。

AppleのMagic Keyboard, Magic Mouse 2, Magic Trackpad(黒)の使い心地

f:id:tfull:20190326003103j:plain
Macの入力デバイス

主に iMac で使っていたワイヤレスキーボードを交換したあとの記録です。

今まで、テンキーなしのワイヤレスキーボード、マウス、トラックパッドについて、いずれも電池式のものを使っていました。いくつかの欠点のため、数ヶ月前に交換して使っていましたが、結構気に入っています。

前デバイスの欠点

キーボード (Wireless Keyboard)

  • 表面がゴワゴワしている。

マウス (Magic Mouse)

  • 裏側の電池部分のカバーが取れやすい。

トラックパッド (Magic Trackpad)

  • 特になし。

これに加えて、電池式なので、電池がないときに切れると困る、残量が少ないときにたまに切断するという短所があります。

購入

いずれも黒です。キーボードとトラックパッドが15000円ほど、マウスが10000円ほどでした。黒は2000円ほど高かったので悩みましたが、見た目が気に入ってこちらにしました。

不要なものを売却

  • Wireless Keyboard 1400円 * 2
  • Magic Mouse 1000円
  • Magic Trackpad 1400円

合計5200円。ビックカメラで買い取ってもらいました。

購入品の長所

Magic Keyboard

  • 押し心地が丁度よい。

Magic Mouse 2

  • 変化なし。

Magic Trackpad 2

  • クリックが静電式になった。気持ちいい。

購入品の欠点

Magic Keyboard

  • 特になし。

Magic Mouse 2

  • 充電ケーブルを指す部分が裏にあるので、充電中にマウスを使えない。

Magic Trackpad 2

  • 特になし。

その他、全部に共通していますが、充電が結構もち、頻繁に充電する必要がないです。おそらく1ヶ月くらい充電無しで使えてます。電池を管理しないで良いのがとてもよく、夜にコンビニに電池を買いに行かなくて済むようになりました。

気になる点は、充電ケーブルがLightningであるということです。おそらくこれからUSB Type-Cが主流になると読んでいるので、ケーブルが壊れたときにいつまで入手できるのかが問題です。

雑感

色違いというだけで各デバイス2000円も高いのがやはり納得いかないですが、買ってよかったと思います。

ポインティングデバイスMagic Mouse 2 と Magic Trackpad 2 を併用しています。 iMac 27inch で使っていますが、画面移動などのメインではマウスを使っています。MacBook系(ノートPC)ではトラックパッドがとても好きで、マウスは使わないのですが、iMacのようなデスクトップだとマウスが使いやすいです。iMacでは、トラックパッドはスクロールを沢山するような箇所でマウスより使いやすく、重宝しています。正直なところ、どちらかだけでも十分かもしれません。