プログラミングと絵と音楽

コンピューター科学を専攻し、絵と音楽を趣味とするエンジニアのブログです。

初めてのノイズキャンセリング体験: AirPods Pro

ネットで注文した AirPods Pro が届きました。

発売後、店頭 Apple Store に行っても売り切れの状態がずっと続いていたため、ネットで注文するほうが確実で早いだろうと思い、ネットで注文しました。
到着までに1ヶ月弱かかりましたが、それでも現在も店頭で売り切れているため、良い判断だったと思います。

ネット注文限定の、刻印も入れてもらいました。

f:id:tfull:20200308163400j:plain
刻印入り AirPods Pro

以下、良かった点と気になる点です。

良かった点

素晴らしいノイズキャンセリング機能

ノイキャン自体、体験するのは初めてでしたが、感動するものでした。

細かいノイズなどは全部排除されます。外の大きい声や、目の前で手を叩く音などは、音の小さい状態になって届きます。

フィット感

カナル型で、耳にとてもフィットします。あまり落ちる心配をしなくても良さそうです。

切り替えが簡単

ノイズキャンセリング、外部音取り込み、オフの中からモードが選べ、接続した Apple 端末で簡単に切り替えられます。

Apple 製品との連携

他の Apple 製品でもそうですが、ペアリングを切り替えたりするのが簡単(Bluetooth画面から AirPods Pro をタッチするだけ)なのは、複数の端末を使っている私にとっては魅力的です。

気になった点

LとRを間違えやすい

ノイズキャンセリングや外部音取り込みが勝手にオフに切り替わるので疑問に思っていたら、LとRを逆にセットしていました。個人的には、

高い

イヤホン3万円は気軽に買える値段ではないですし、小さいため紛失しないか心配になります。